あれから7年・・・

東日本大震災から7年が過ぎました。自然災害は誰をも責めることはできませんが、今だ多くの人が故郷福島に戻ることができません。そんな現実をみると、原発事故は人間の傲慢さが招いた人災であると言わざるを得ません。全ての生物に生死があり、この地球もいつかは滅びるのであれば、私たちはもっと自然に対して謙虚にならなければならないと改めて思うのです今、震災直後の精神状態を振り返ってみると、何か行動することで、私自身の葛藤や不安を取り去りたいという気持ちが日を追うごとに強くなりました。全く無名で社会奉仕活動とは無縁の私には、行動に移すための勇気が必要でしたが「子供たちの笑顔が見たい」という単純で素朴な思いが、私に強い意識を持たせました。「今の私に出来ることは、絵を描くことで皆さんの不安を少しでも和らげること」だと。避難所生活のなかで励まし合い、助け合う人たち。又、無邪気に遊んでいる子供たちの姿に私自身が勇気づけられました。この子たちの健やかな成長と、故郷に戻れる日が一日も早く実現されること、そして被災により亡くなられた方々へ謹んでご冥福をお祈り申し上げます。2018.3.19