美術支援活動 · 25日 2月 2018
2011年3月11日の東日本大震災で起きた原発事故。どんなに進化した科学や技術も自然の猛威の前には、それをコントロールするどころか、少しも役に立たないことを思い知らされた。誰を責めることのできない自然災害。しかし原発事故は防げた筈だ。そんな重苦しい空気が続いたなか、私がこれまでなかった欲求が湧いてきた。それは「只、子供たちの元気な姿を見たい」ということだった。そんな素朴な思いが日々募ってきた。一人で各地の避難所や仮設住宅を訪問し、似顔絵を描きながら皆さんと一緒に過ごしたひととき。避難所のなかで、子供たちが元気に遊んでいる無邪気な姿に私も勇気づけられた。
吾妻の光と風 · 07日 11月 2017
創作のテーマのひとつとして故郷福島の山「吾妻山」をモチーフに人間と自然の密接な関係と吾妻の光と風をテーマとした連作「AZUMA」の創作に取り組んでいます。
開催日:2017年9月21日~27日 開催場所:吉祥寺「ギャラリー永谷2」撮影:生出道憲